販売品について

オールド楽器の魅力

当店は、オールドを含めた年代の古い200年から250年前の弦楽器が特に好きです。
プレーヤーの方々の中で、多くの人が『やはりオールド(古い)ものがいい』とおっしゃいます。
それはもちろん音色の良さや弾き易さから来る事が一番の原因でしょうが、それ以外にも時間の経過の中で起こった現象で、そのことを再現又は取り戻せない魅力も含まれていると感じています。
それは、弦楽器の発展していった歴史からも見えてくると思います。

現在のヴァイオリンと言われる楽器については17世紀半ばから1世紀半の間に完成されたと言われています。
アマティーからはじまりストラディバリ、グァルネリ、ルージェリー等々と言った名工達が、その同時代にすべての意味で集中、集約して小さな町で製作に励んでいました。
ではなぜその時代にイタリアの小さな町で作られた楽器が全世界を魅了するものになったのでしょうか?
私はこう考えています。大きな点は、良質適正な表板の素材が、たまたまその年代に弦楽器作りの手元にあったということでしょう。
それが近くで製作者の手に入ったということです。また裏板の材料は産地が違うのですが、良質適正なものが運良く手に入ったことや、幸運な偶然が重なり別の素材で輸入された物が弦楽器作りに非常にすぐれている物であったり、多くのニス(樹脂)についても全盛期であったヴェニスの商人たちにより全世界よりいろんなものを買い付ける中の一部として手に入った可能性が高く、それがクレモナに運ばれたようです。
これらの条件が揃った所で、名工達がイタリアの小さな街“クレモナ”に集中して居住しお互いに競い合い研究しそれを待ち望む貴族の方たちがスポンサーになり、素晴らしい名器を作り上げていったようです。つまりその条件を現代に再現する事が大変困難でもう実現不可能なものといつも感じます。

弦楽器の製作、その黄金時代は簡単に終わりを告げてしまうのです。大きな原因は、どうやら供給過剰にあった様です。一般の人も弦楽器を手にするようになり物としての手軽さ(運びやすさ等)から、1世紀半の間に名工の作品で約2万個、工房、下働き関連で製作された物が20万個の物が市場に供給されたと考えられています。
それと合わせて素材としてのバレサム樹の死滅などの悪条件も重なり、高い材料を使用して手間ひまかけて製作しても売れなくなってしまいました。 その為、18世紀後半に入ると製作者たちは自分の作品を作るよりは、オールド物の弦楽器を修理したりする事で、生活をなり立たせるようになってしまいました。

一方、ヨーロッパの近隣諸国でもかなり良品が作成される様になり、イタリアの弦楽器製作の歴史の衰退に拍車を掛けたようです。その後戦争等の混乱時の歴史を背景に製作は衰退し続けました。そして、250年以上の歳月が流れ生き残ったヴァイオリンは、当然その分歳をとりました。そして生き残ったものは数が少なくなりました。
時間経過が良い具合に木材を乾燥させ、すばらしい音色の奏でる名器をつくり出してしまったのです。つまりこれらのすべて条件が偶然揃った物が現代の名器として生き残っているのです。だからこそ貴重であり人々の憧れる存在なのでしょう。

私は、そのなかで生き残った、ただ古い弦楽器も好きです。古くて乾燥しているだけで十分人間の超えられない魅力が備わっていると思います。中には見てくれは悪いのですが素晴らしい音を出してくれる物があります。物によっては、有名な作家の近くに住んでいて真似て作ったものもあったりします。
古い楽器は、一度弾いてみると、その美しく澄んだやわらかい魅力的な音の虜になり、プレーヤーは手に入れたくなってしまうのです。