弦楽器 Q&A

弦楽器に関するいろいろな疑問にお答えします。メンテナンスやオークションの事などなんでも質問して下さい。
また、弦楽器の事なら私に任せてという方々もどんどん参加して下さい。

5087件のQ&Aがあります。

Q:GLIGA バイオリンについて
投稿者:ごちゃんまる     投稿日時:2019/11/14 08:21  ---147.66.248

初めて投稿させて頂きます。
不備がございましたら申し訳ありません。

子供のバイオリンを4/4にサイズアップすることになりました。
知人のお子様が以前使用されていたバイオリンを譲って頂く話があるのですが、当方バイオリンについては全く知識がなくこちらにご相談させて頂きました。

以下の情報を頂いておりますが、実際どのくらいのランク、お値段のものかだいたいで良いのでおわかりの方、教えて頂けないでしょうか。
お礼をするのに目安がわからず困っております。

知人もバイオリンの知識は無く、お礼もいらない、と言ってくれてるくらいです。購入時(2004年くらい)のお値段も全く覚えてないそうです。バイオリン自体にはそれなりに傷(1か所はやや目立つ)があるそうです。

maestro liutaio GLIGA VASILE
Fecit Anno 2004 日付?読めない?

この投稿にコメントを書き込む

Q:小さい顎当て
投稿者:まるぼ     投稿日時:2019/10/29 19:35  ---.87.55

バイオリン奏者のAlina Ibragimovaさんが使用して
いる顎当てが何か?またどこかで販売してるの
か??等ご存知の方いらっしゃいますか?
SASが近いといえば近そうなのですがどうにも解ら
ず…
ご存知の方いらっしゃいましたらご教授お願い致し
ます。

投稿者:QB     投稿日時:2019/11/04 09:31  ---32.215.161

彼女のスタイルをご存知であれば想像できると思いますが、Baroque Chis Rest あるいはHistorical Chin Restでお探し物に近いタイプが見つかると思います。
ただ、なぜそのタイプでなければならないのか、、ですね。

投稿者:QB     投稿日時:2019/11/04 09:32  ---32.215.161

Baroque Chin Rest あるいは Historical Chin Rest
スペルミスですすいません。

投稿者:まるぼ     投稿日時:2019/11/04 11:13  ---.87.55

ありがとうございます。
てっきり挟めるタイプで小さいのかと思い、より軽
量だから良さそうだなと思ったものの
引っ掛けて維持するタイプだったのですね。
勉強になりました。

この投稿にコメントを書き込む

Q:弦バイオリン
投稿者:初心者バイオリン     投稿日時:2019/11/04 08:25  ---91.104.122

E線とG線は、ペグボックスの内壁に触れてい
ても大丈夫ですか?
宜しくお願いします。

この投稿にコメントを書き込む

Q:チェロ スズキ製 1/4 No73
投稿者:弦楽器愛好家     投稿日時:2019/10/30 17:26  ---165.134.7

スズキ製チェロ 1/4 No73 を2台保有してい
ます。
作りが全く違うのでその理由を知りたいで
す。
2005年製のものははっきりとした虎杢が出
ておりパーフリングも埋め込みで非常に美し
いのですが、1987年製のものは虎杢は全くな
くパーフリングも描いてあります。
ナットまわりのネックからヘッドにかけての
作りも2005年製はチェロ仕様の形をしていま
すが、1987年製はバイオリン仕様の形をして
います。
スクロールや塗装についても2005年製の方
がよくできています。
ラベルは製造年のみが異なる同じ様式のもの
です。
同じ型番なのになぜここまでの違いがある
のかが不思議です。
スズキ社のホームページを見ても解決しませ
んでした。
ひょっとして、単品売りとセット売りで仕様
(ランク)を変えているのでしょうか?
ご教示よろしくお願いいたします。

この投稿にコメントを書き込む

Q:suzukiのバイオリンについて
投稿者:桜井     投稿日時:2019/10/14 09:44  ---8.47.148

自分の生まれ年の1964年特№1というsuzukiのバイオリンを見つけました。
学生の頃習っていて趣味でまた弾いてみたいと思っているのですが、価値とか音色はどの程度のものでしょうか?

この投稿にコメントを書き込む

Q:バイオリンのこと
投稿者:ビオレ     投稿日時:2019/10/08 10:35  ---233.113.127

はじめまして。バイオリンをはじめて数ヶ月の
者です。
今のネットで安く購入した楽器が嫌になってき
ました。楽器のブランドなども知りたくてオー
クションをよく見ているのですが、先日
TAKASHI SUZUKI Atelier Campanella と
いうラベルのバイオリンをみつけました。
調べてもいまいちヒットせず、周りに詳しい人
もいないためこちらに質問いたします。
2002年製だそうです。
よく聞くスズキのバイオリンでよろしいのでし
ょうか。他にも楽器についてご存知の方がいら
したら教えていただきたく思います。

投稿者:かめ     投稿日時:2019/10/09 00:36  ---238.240.42

詳細は分からないのですが、
少なくても、2011年まではバイオリン工房カンパネラという店があったようです。

また、1991年製のヴァイオリンと2003年製のヴィオラを使っている方が都内でヴァイオリン講師をされているようなので、その方に聞いてみるともう少し詳しい話が聞けるかもしれません。

少なくても、よく聞くスズキのバイオリンではなさそうですよ。

投稿者:ビオレ     投稿日時:2019/10/10 08:09  ---33.71.45

かめさま
ご回答ありがとうございます。
工房について、実際に使っていらっしゃる方に
ついても情報ありがとうございます。
マサキチというシリーズもあるようで、人名繋
がりでもしかしたらと思っていました。
急ぎで探しているわけではないので、引き続き
ゆっくり調べていこうと思います。
大変助かりました。

この投稿にコメントを書き込む

Q:コントラバス1/8
投稿者:小谷     投稿日時:2019/10/09 08:03  ---230.254.17

初めまして。
娘、8歳がコントラバスを弾きたいの
ですがどなたか1/8サイズを置いている
お店をご存知ないでしょうか?

この投稿にコメントを書き込む

Q:チェロ購入
投稿者:ユキ     投稿日時:2019/07/02 15:19  ---230.27.127

初めまして。相談させていただきます。
趣味でチェロを6年弾いています。
ずっとピグマリウスを使っていたのですが、
そろそろ、生涯を伴にできるチェロを探した
いと思います。
予算は250万までです。(弓は、2年前に奮発
してアルシェにしました)
チェロ仲間に聞いても、楽器の値段やメーカ
ーは何となくタブーなのか、「車一台分よ」
としか教えてもらえません。
250万くらいのチェロといえば、どんなもの
が選択肢に上がりますか?
チェコの手工品の160年くらいの古いもの、
イタリアの工房新作のものをお店からは勧め
られています。

投稿者:かめ     投稿日時:2019/07/03 06:59  ---238.240.42

ピグマリウスに不満を感じている部分はどこですか?

いろいろ出てくるかもしれませんが、恐らく一番は
「ブランド」ではないかと思います。

今回の買い替えの目的を、量産物→手工品(作家もの)と
するのであれば、ご用意される予算では厳しいかもしれません。
そのくらい、近年、楽器の値段が急激に上がっています。

「ブランド」という意味では弱いのですが、手工品という
意味でご呈示の値段で手に届くかもしれないのは、国内の
製作者に依頼することです。
お住いの近郊に弦楽器を作られる製作者がお住まいなら、
ご相談されてはいかがでしょう。それこそ、音の鳴り方から
ニスの色まで細かくオーダーできると思います。
あるいは、ご自身が製作された楽器を勧めるほかに、製作者
として勧めることができる楽器を紹介してもらえるかも
しれません。(楽器店として勧める楽器と、製作者として
勧める楽器は異なる場合が多いです)

製作者の情報は、日本弦楽器製作者協会のホームページなど
から検索することができます。

欠点は、ブランド力と納期がかかることですが、すでに一台
お持ちなので、当分の楽器には困らないと思います。

投稿者:ユキ     投稿日時:2019/07/03 15:22  ---230.27.127

早速回答をありがとうございます。
ピグマリウスは友人から安く譲り受けたもの
でして、自分のチェロだ、という愛着は薄い
です。
あと、モワモワとした優しい音からなかなか
抜け出せず、、いよいよ買うぞ!と決心した
ところです。
チェコやドイツの100年前後のものだと、手
工芸(本当かどうかは分かりませんが)乾いた
パリッとした音のものを見つけられたのです
が、お店は新作を押してきますので、迷いが
生じていました。
慌てず吟味していきます。
また情報ありましたら、教えて頂きたいで
す!

投稿者:かめ     投稿日時:2019/07/05 01:43  ---238.240.42

ストラッドさんでも、予算内で古い楽器を取り扱ってますね。
200万前後でドイツ製とイギリス製などがあるようです。
仮にユキさんのお住まいが遠方だとしても、交通費等を
含めても予算内には収まりそうです。もし今お持ちの楽器を
手放さずに予備楽器として持っておいたとしても、ケースを
一緒に購入しても予算内に収まりそうです。手放すとしたら
下取りしていただけるかもしれません。一度足を運ばれて
みてはいかがでしょうか。

楽器選びで大切なことは、お店選びです。特に古い楽器の
場合、状態が様々だったり、購入後のメンテナンスにも
気を遣わなければならないので、売って終わりという店よりも
きちんと工房を併設していて購入後の調整にも真摯に対応して
もらえる店を選ぶべきです。

良いお店と巡り合われることをお祈りいたします

投稿者:ユキ     投稿日時:2019/07/06 10:57  ---06.188.47

古い楽器はメンテナンス、、、音のことしか
考えておらず、全く頭にありませんでした。
そういう面で、新作も考えた方が良さそうで
すね。
新作は弾き込むほど鳴るようになるのでしょ
うか。古いものの方が、手にしたときからあ
る程度鳴るため、その魅力しか考えていませ
んでした。
また、10年後、15年後、もっと良いものが欲
しくなるのかな?そうなった時のために、今
は金銭的な無理をしてでも、名工と呼ばれる
トラブッキなどを探した方が良いのかな、と
いうことも頭をかすめます。
今は作者の名前など全く気にしておりません
でしたが、気にして探した方が良いのでしょ
うか。
ご助言ありましたら、よろしくお願いいたし
ます。

投稿者:かめ     投稿日時:2019/07/06 12:32  ---238.240.42

>新作は弾き込むほど鳴るようになるのでしょうか。

昔から言われている神話ですね。
結論から言うと、鳴る楽器は新作の時から鳴ります。
逆に言えば、新作の時に鳴らない楽器は、年数を経ても
根本的には鳴るようにはなりません。

では、年数を経ると何が変わるのか。
音の鳴り方が変わってきます。新作の時に耳につくような音が
年数を経て木材が乾いていくにつれて音が丸くなっていきます。角が取れてくるような感じとでも言えば良いでしょうか。

あと、クレモナの楽器に多い赤いニスは、退色も早いです。
出来立ての時には赤くて、なんだか安っぽく見えることも
あるかもしれませんが、退色してくると、本来の木目が浮き
上がってきて上品な感じになりますよ。

トラブッキの新作がご予算で買えるかどうかは知りませんが
トラブッキに限らず、新作の中古などで予算内で買える
楽器が見つかるといいですね。
(昔は、音大に入った学生が先生の指示で必ずしも状態の
良くないオールドの楽器や弓に買い替えさせられて、状態の
よい新作が中古で出回っていましたが、今は買い替えを迫り
リベートで稼ぐ先生も減ってきているようなので、音大生や
若手のプロでも新作を使っている人が増えましたね)

投稿者:かめ     投稿日時:2019/07/06 12:54  ---238.240.42

追記です。

>今は金銭的な無理をしてでも

良い楽器があって金銭的に無理をしても入手するならともかく
金銭的に無理をして良い楽器を探すことはお勧めしません。

それを始めると、あと50万出せばもっといい楽器があるかもと
きりがなくなります。

おすすめなのは、楽器屋さんに予算を伝え、その予算で売れる
楽器を探してもらうことです。その中で、予算を若干オーバー
しているけどこの楽器は、という楽器が出てきたら、その時に
初めて金銭的な無理をすべきです。

そのためには、粗利の大きな楽器ではなく、楽器として良い
楽器を仕入れてもらえるような友好な関係性を楽器店と作って
おくべきです。

焦らずに、良い楽器店を探してくださいね。

投稿者:CM1915     投稿日時:2019/07/06 18:23  ---151.3.228

新作を買ったら生きているうちには楽器の本領を満喫できないと思います。木が枯れてそこそこ鳴るようになるまでに最低50年はかかるので(新作の時の鳴り方とは違ってくるのです)。とはいえ、作者の正体がはっきりしている分、気持ちの点ではすっきりしていいですよね。

実用本位で見ると、ドイツの量産楽器で100年ほど前の無名作家ものがいいでしょう。100万ぐらいで手に入ると思います。無名でも新作とは明らかに弾きやすさが違いますし、音のこなれ方も違います。

250万という予算は、それなりの作家の新を買うにしてはちょっと不足気味だし、ノーブランドの中古にしては値段が高すぎるので、中途半端な気がします。そこそこ名前が通った昔の作家者の場合は、250ではまったく手が届きません。

たまにイタリア新作の中古が100万ぐらいで都心の楽器店に出ることがあります。イタリアというブランドが好きなら、そういうのを狙うのもアリでしょう。

100年以上経過した楽器と弾き比べて、新作との違いが判らないなら、何を買っても同じかもしれません。

楽器に回す予算を下げて、その分、弓にもっとコストをかけた方がいいかもです。そちらも100年ぐらい経過している弓の味がどんなものか、確かめてみる価値はありますよ。新作弓と比べると、重音の鳴り方が劇的に違うのでビックリするかもしれません。

投稿者:傍観者     投稿日時:2019/07/09 17:07  ---150.64.184

>弓は、2年前に奮発してアルシェにしました

とあって、楽器の購入を考えていらっしゃるようなのに
弓の買い替え話まで出てきてしまいましたね。

さて、弓は100年たったら良くなるのか、またしても神話が
出てきてしまいました。

確かに古い弓には良い物も多いです。ただ、100年前に作られた
良質な弓は、びっくりするくらい高額になってしまっています。

なぜ、昔の弓に良い弓が多いのか。単純に、良い材料を使って
いるからです。
なぜ、昔はよい材料が使えて、今は良い材料が手に入りにくい
のか、それは、世界人口が増加しグローバル化していく流れの
中で、100年前では弦楽器を手にする機会もなかった国々の
人たちまで弦楽器を楽しむようになり、弦楽器人口そのものが
増加して、材料となる木材が乱獲されるようになったからです。
昔だったら、良い材料が取れる木だけ伐採すれば需要に
追いついていました。

良い材料と普通の材料、何が違うのかといえば、反発力です。
しなやかさ、腰の強さ、と表現されることもあるようです。
ただ固いだけの材料であれば、現在でも入手できます。
(ワシントン条約の絡みは出てしまいましたが)
ただ、そこにしなやかさまで加わった材料となると、なか
なか手に入らなくなりました。ただ、今でもそのような材料
はないわけではないので、新作の最高級ランクなどに使われ
ます。なので、必ずしもオールドの弓が新作を上回るとは
言いきれないと思います。

また、チェロに関して言えば、スチール弦の開発やネック
角度、エンドピンなどの改良により、100年前と現在では
求める(求められる)音が異なります。
ソリストであれば、ホールで自身の音が鳴り響くように、
ある意味では他の楽器に負けない(溶け込まない)音質が
必要でしょうし、オーケストラでは逆に個性的な音は邪魔に
なります。家庭で弾くのであれば、気持ちの良い音で練習
したいでしょう。

ご自身がどのような音を求めるのか、(ソリストになるのか
アマオケで弾くのか、自宅で趣味でたしなむのか等)も含め
道具をチョイスしてください。

投稿者:ユキ     投稿日時:2019/07/10 15:37  ---230.27.127

かめ様、CM様、傍観者様

アドバイスをたくさんありがとうございま
す。大変勉強になります。
弓、とても魅力的ですが、まだ購入して1年
のため、買い換えはまだまだ先かな~なんて
思います。
アルシェを買う際に、国籍は失念してしまい
ましたが、70万くらいの100年ものの弓を試
奏させてもらいましたが、あまりしっくりこ
ず。傍観者様のお話を読む限り、70万で100
年ものの素晴らしい弓が買えるはずありませ
んよね。足元見られていたかな、と思いまし
た。

さて、楽器の話に戻ってしまいますが、貯金
を減らしてでも名工の新作にするか(400ぐら
い)、予算内の無名の100年程のものにするか
、気持ちは後者でしたのに、どこのお店も前
者を押してきます。
(もちろん個体差があるので、それぞれ気に
入ったり気に入らなかったりですが)
一夏かけて、都心にも出向き、じっくり探そ
うと思います。

投稿者:ユキ     投稿日時:2019/07/10 15:42  ---230.27.127

このお店、この工房は是非、というものや、
またその逆もありましたら、教えて頂きたい
です。
また、楽器購入の際に値段交渉というのは不
躾なことなのでしょうか。
友人は、値段交渉なんて当たり前だよ、2割
引いてくれるところもあるよ、と言うのです
が、わたしには恥ずかしくて出来そうにあり
ません。

投稿者:かめ     投稿日時:2019/07/10 19:27  ---238.240.42

まったく個人的な考えです。

特定の楽器店の評判を書くのは、ここの掲示板の性格に
合わないと思いますので記入を差し控えます。

その上で、

>一夏かけて、都心にも出向き、じっくり探そうと思います。

という探し方には反対です。

理由は、都度、試奏する環境が異なってしまうため、楽器に
対する印象が変わってしまうからです。
また、買って終わりにしてしまう楽器店ではなく、その後の
メンテナンス・アフターフォローも含めた付き合いができる
楽器店で購入してほしいからです。

そういう意味では、アルシェを購入した楽器店で、予算内の
楽器を数台揃えてもらい、その中で楽器を決めて、毛替え等も
含めてその楽器店にお世話になる方が良いと思います。

自分の所で売った楽器に、より責任を持つというのが
職人の心情でしょう。よそで買ったけど、近いからこちらで
メンテナンスをお願いします、というのはちょっと違うかも。

値引きに関しては、予算を伝えておけば勝手に値引きして
楽器を集めてくれることもありますよ。値引きしてと言って
値引きしてくれる店は、紹介者にリベートを渡している店で
あることが多いです。

以前にも書きましたが、楽器選びは店選びです。
長く付き合っていける店で、その店が自信を持って販売
できる楽器を購入するようにしてください。

投稿者:ユキ     投稿日時:2019/07/11 14:06  ---230.27.127

楽器や弓の選び方やお店とのつきあい方ま
で、たくさんご教示いただきまして、ありが
とうございました。感謝申し上げます。

投稿者:私の場合     投稿日時:2019/07/14 09:58  ---148.1.7

フランス人製作者の素晴らしい新作楽器を弾
いている教授に紹介してもらい直接手紙を書
いて2年待ちで注文しました。日本円で300万
円くらいでした。

投稿者:CM1915     投稿日時:2019/07/15 03:13  ---151.3.228

>必ずしもオールドの弓が新作を上回るとは言いきれないと思います。


どんなに上等な新作楽器であっても、状態の良いオールドと比べたら歯が立たないのと同様に、弓もまた新作は逆立ちしても状態の良いオールドやモダンには勝てません。木が枯れるために100年以上の歳月が必要だからです。

値段は関係ありません。音に関しては新作弓は期待しても無駄です。使い勝手のみのメリットと割り切って使う必要があると言えます。このことは神話や伝説ではありません。昔は材料が良かったというのは事実ですが、それに加えて100年以上の歳月の熟成がものをいうのです。値段はそれなりに高いですが、いいものが高いのは当たり前でしょう。


>新作にするか(400ぐらい)、予算内の無名の100年程のものにするか、気持ちは後者でしたのに、どこのお店も前者を押してきます。


当たり前ですね。商売なんだから。値段が高いものほど店が得る利益も多い。だから高い楽器を勧める。高い楽器がいい楽器かどうかはケースバイケースで、必ずしも値段と性能は比例しませんが、いい楽器や弓にはそれなりの値が付けられています。この二つの相関関係は似ているようで、実は大違いです。

投稿者:アマチュア     投稿日時:2019/07/16 13:17  ---06.188.62

>新作は逆立ちしても状態の良いオールドや
モダンには勝てません

恐らく、そんなことは書き込まれている皆さ
んはわかっていらっしゃると思いますよ。

ただ、予算も入手する手だても限られている
なかで、できるだけ満足いく楽器を手にいれ
る方法を相談されているのではないでしょう
か。

そもそも「状態の良い」というのがどういう
状態なのかわかりませんし、そこの目利きが
できないから、ただ古いだけの楽器に飛び付
くんじゃないですか?

個人的には、本当に状態の良いオールドは、
現在では楽器でも弓でも国籍問わずアマチュ
アが趣味の範疇で気軽に手を出せる金額を遥
かに越えていると思います。

投稿者:チェロヲタ     投稿日時:2019/09/29 08:31  ---0.8.128

結論から申し上げてますと楽器はクレモナのCristo
Marinoに頼み込んで作ってもらう、弓はアルシェの
河野先生のドミニク・ぺカットのコピーを買うとい
うのが最も費用対効果の高いチョイスだと思いま
す。

この投稿にコメントを書き込む

Q:イギリス製バイオリンについて
投稿者:まるぼ     投稿日時:2019/08/30 12:19  ---.196.33

現在楽器を焦らない様、探している最中でありま
す。

先日友人の楽器を弾かせてもらう機会がたまたまあ

直感的に音量、音色ともに、おお!コレは良いな
ー!という感触でした。
数百万位の楽器はそこそこ弾く機会が幸いにもあり
その拙い経験の中でもトップクラスではないか??
と思うような音でした。
てっきりお高いイタリアンなのかな?と思っていた
のですが
Thomas Earle Hesketh?というイギリス?の楽器だ
という事でした。1900年作くらいだった様な…
値段はあまりハッキリ教えてくれなかったのですが
そこまで高くないよ、との事…そこまでって…

イギリスの楽器というのはこれまであまり弾いた経
験がありませんでした。正直、日本人なのでどうし
てもイタリア、フランスあたりが気になってしまい
恥ずかしながらあまり目がいってませんでした。
製作者、ラベルで楽器を探すのは愚の骨頂…的な考
えもあるのですがひとつの目安として…
1000万とか出せる訳ではないので、こういった楽器
も視野に入れていこうかなと思い調べてもあまり参
考になるものがヒットせず…

前置きが長くてすいません。
大まかにこの製作者の方または製作レベルのもので
イギリスの楽器はいくらくらいするものなのでしょ
うか?
またイギリスの製作者で500万以下で購入可能なお
すすめの製作者はいらっしゃいますか?

以上、可能な範囲でご教授いただけたら幸いです。

投稿者:kuro     投稿日時:2019/08/30 20:55  ---132.44.141

はじめまして。

直接の回答にはなっていないと思いますが、下記数点がヒットしましたので
ご参考までに。

https://tarisio.com/cozio-archive/browse-the-archive/makers/maker/?Maker_ID=278

https://www.we-love-music.co.jp/instrument_cat/violin/

https://kokusaigakkisha.co.jp/violin-thomas-earle-hesketh-manchester/

https://bridgewoodandneitzert.london/product/violin-thomas-earle-hesketh-manchester-1938/

投稿者:まるぼ     投稿日時:2019/09/01 07:42  ---.196.33

ありがとうございます。
製作者のこともいまいち解りませんでした…
やはりあまり人気はない?のですかね。

投稿者:モンティ     投稿日時:2019/09/26 21:41  ---16.245.250

 高校から大学院まで桐朋で学び、イギリスに留学したという私の先生は、イギリス製のヴァイオリンを弾いていました。先生のコンサートに行きましたが、朗々と響いていましたよ。でも、生産国にこだわらず、ご自分が気に入った楽器をお買いになるのが一番いいと思いますが。

投稿者:まるぼ     投稿日時:2019/09/27 21:14  ---8.153.240

ご意見ありがとうございます。
そうですね、それにその先生の様に、どんな楽器に
してもまず鳴らしきる力量があってこそですしね
(><)
どの国にも良い楽器は存在すると思いますし、気長
に探します(^^;
つい俗物的な考えで、モダンイタリーだと価格も凄
いし
イギリスのこの様な楽器だったら完成度が高く納得
いくものが意外に安く買えるのかな?
と頭をよぎってしまいました(^^;

この投稿にコメントを書き込む

Q:コントラバスを倒してしまった
投稿者:あや     投稿日時:2019/09/23 20:15  ---18.194.163

私は吹奏楽部に所属しているのですが、コン
トラバスのスタンドに置き休憩していた所、
他のパートの人がぶつかって倒れてしまいま
した。側面がほんの少し剥げています。こう
いうのって直りますか?

投稿者:かめ     投稿日時:2019/09/26 19:49  ---238.240.42

>側面がほんの少し剥げています。

剥げているだけであれば、ニスの色合わせなどしてある程度
きれいにすることは(楽器職人であれば)可能です。
ただし、修理に出す際に、ついでに他の部分のチェックをして
もらった方がよいと思います。外見上は異常がなくても、
魂柱がずれてしまったり、駒の位置がずれていたりすることも
ないわけではありません。

また、コントラバスという楽器は、とても大きいので場所を
とります。そのため、工房によってはコントラバスの修理を
断る店も存在します。
修理に持ち込む前に、店にコントラバスの修理が可能かどうか
確認しておいた方がよいと思います。

この投稿にコメントを書き込む